投手必見!フィールディング:バント処理・ベースカバー等悩み解決

フィールディングが上達する方法が知りたい選手

フィールディングが上達する方法が知りたい選手

「試合中にフィールディングで失敗した。次は失敗したくないけど、どうしたらいいの?上達する練習方法や注意点とかあれば知りたい。」

こういった悩みにお応えします。


✔︎本記事から得られる事

①フィールディングが上達する方法

②フィールディングをする際の重要事項


①フィールディングが上達する方法

次の3点です。

①ー1:捕球の練習をする
①ー2:送球の練習をする
①ー3:カバーリングの練習をする

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


①ー1:捕球の練習をする

練習方法として、ノックを受ける事が一番です。

理由は、ノックを受ける事で、捕球の動作に慣れる事が出来るからです。

①ー2:送球の練習をする

①ー1の練習方法に、送球までセットで取り組むことをオススメします。

理由は、試合でも捕球から送球という流れになることから、セットで練習に取り組むことで、より実戦で成果が出やすくなるからです。

①ー3:カバーリングの練習をする

練習方法として、試合形式のノックを受ける事が一番です。

理由は、打球の方向、ランナー、アウトカウントによって、様々なカバーリングがあるので、それに慣れるためです。


②フィールディングをする際の重要事項

次の3点です。

②ー1:事前準備
②ー2:声の掛け合い
②ー3:怪我をしない

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


②ー1:事前準備

フィールディングは、投球後を想定する、事前準備が大切です。

理由は、事前準備をしておくと、捕球後すぐ、動く事が出来るからです。

②ー2:声の掛け合い

フィールディングは、野手と声の掛け合いが大切です。

理由は、単独プレーではなく、連携プレーだからです。

②ー3:怪我をしない

フィールディングは、怪我しないよう、細心の注意を払う事が大切です。

理由は、投手の最優先は打者との勝負。そこに悪影響を与えないためです。


記事のまとめです。

①フィールディングが上達する方法

1:捕球の練習をする
2:送球の練習をする
3:カバーリングの練習をする

②フィールディングをする際の重要事項

1:事前準備
2:声の掛け合い
3:怪我をしない

今回は以上となります。


HOW TO記事では、この瞬間から使える練習法、思考法を
多数紹介しています。

インプットしたい選手は是非、ご覧ください。

ありがとうございました。

《HOW TO記事一覧はこちら》

《HOW TO動画はこちら》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です