投手必見!これで大活躍!?球速アップなど打者を抑えるための方法

開きを抑えたい投手

球速アップしたい選手

「試合で打者を抑える事ができなかった。
多分球速の問題だな。もっと球速をあげて、
次は打者を抑えたい。プラス、球速以外に、
打者を抑える方法があれば知りたい。」

こういった悩みにお応えします。


✔︎本記事から得られる事

①球速アップの方法

②打者を抑える方法


①球速アップの方法

次の3点です。

①ー1:筋力強化
①ー2:瞬発力強化
①ー3:関節の可動域増

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


①ー1:筋力強化

強化をオススメする筋肉は、
太もも(大腿四頭筋、ハムストリング)、大臀筋、背筋
の3つです。

理由は、3つとも大きな筋肉で、
球速アップの成果に結びつきやすいからです。

①ー2:瞬発力強化

筋力強化と並行してトレーニングすることをオススメします。

理由は、研究結果からも瞬発力と球速には、
一定の相関性があることが証明されているからです。

①ー3:関節の可動域増

加速させる距離の確保です。

関節の可動域を増やし、加速させる距離を確保することで、
球速アップに直結するからです。


打者を抑える方法

次の3点です。

②ー1:変化球(腕の振りはストレート)
②ー2:投げるテンポを変える
②ー3:打ちにくいフォームにする

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


②ー1:変化球(腕の振りはストレート)

目的は、打者のタイミングを外す事。腕の振りがストレートと同じであれば変化量は少なくてOKです。

理由は、腕の振りがストレートと同じであれば、少ない変化量でも打者のタイミングを外せるからです。

②ー2:投げるテンポを変える

目的は、②−1と同様、打者のタイミングを外す事です。

②ー3:打ちにくいフォームにする

目的は、②ー1、2と同様、打者のタイミングを外す事です。

オススメはテイクバックを隠すフォームです。


記事のまとめです。

①球速アップの方法

1:筋力強化
2:瞬発力強化
3:関節の可動域増

②打者を抑える方法

1:変化球(腕の振りはストレート)
2:投げるテンポを変える
3:打ちにくいフォームにする

今回は以上となります。


HOW TO記事では、この瞬間から使える練習法、思考法を
多数紹介しています。

インプットしたい選手は是非、ご覧ください。

ありがとうございました。

《HOW TO記事一覧はこちら》

《HOW TO動画はこちら》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です