投手が開きを抑えたら覚醒?開きを抑えるメリットとその方法

開きを抑えたい投手

開きを抑えたい投手

「投げている時に、開きが早いぞ!と言われた。
そう言われても、何故開きが早いとダメなの?それに、
改善しようと思っても、どうしたら良いか分からない。
何か良い方法があれば知りたい。」

こういった悩みにお応えします。


✔︎本記事から得られる事

①開きを抑える事のメリット

②開きを抑える方法


①開きを抑える事のメリット

次の4点です。

①ー1:打たれにくいフォームになる
①ー2:球速アップ
①ー3:コントロールアップ
①ー4:怪我のリスク減

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


①ー1:打たれにくいフォームになる

開きを抑える事で、
タイミングをとりにくいフォームになります。

理由は、バッターから見て、腕がかくれるからです。

①ー2:球速アップ

開きを抑えるだけで、球速を出せるフォームになります。

理由は、上半身と、下半身の捻転差(ねじれ)が生まれ、
スピードを出す体制が整うからです。

①ー3:コントロールアップ

開きを抑えるまでのフォームが安定する事で、
コントロールアップにつながります。

理由は、コントロールは土台をしっかりさせる事が最重要で、開きを抑える事は、
土台をしっかりさせることに繋がるからです。

①ー4:怪我のリスク減

開きを抑える事で、
肩、肘の怪我のリスクを減らす事ができます。

理由は、肩、肘が出てくるのが遅れすぎて、
負荷がかってしまうことを防げるからです。


②開きを抑える方法

次の3点です。

②ー1:柔軟性アップ
②ー2:筋力アップ
②ー3:キャッチボール

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


②ー1:柔軟性アップ

柔軟性をアップさせる事で開きを抑えられる体になります。

理由は、開いてしまう原因の一つは柔軟性の低さ。
それを解消する事が出来るからです。

②ー2:筋力アップ

筋力をアップさせる事で開きを抑えられる体になります。

理由は、開いてしまう原因の一つは筋力の低さ。
それを解消する事が出来るからです。

②ー3:キャッチボール

開きを抑えることを意識して行う事が重要です。

理由は、意識をする事で、
開きを抑える感覚を覚える事ができます。


記事のまとめです。

①開きを抑える事のメリット

1:打たれにくいフォームになる
2:球速アップ
3:コントロールアップ
4:怪我のリスク減

②開きを抑える方法

1:柔軟性アップ
2:筋力アップ
3:キャッチボール

今回は以上となります。


HOW TO記事では、この瞬間から使える練習法、思考法を
多数紹介しています。

インプットしたい選手は是非、ご覧ください。

ありがとうございました。

《HOW TO記事一覧はこちら》

《HOW TO動画はこちら》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です