投手のクイックに関する基礎知識とクイックを使う際のポイント

クイックを上手くなりたい選手

クイックを上手くなりたい選手

「試合でランナーに盗塁された。防ぐためにクイックを練習しないと。でもクイックの事を詳しく知らないし、ポイントなんかも分からない。クイックに関する役立つ方法があれば知りたい。」

こういった悩みにお応えします。


✔︎本記事から得られる事

①クイックの基礎知識

②クイックをする際のポイント


※クイックは打者のタイミングを外す為にも使われますが、今回は進塁防止のクイックについてです。


①クイックの基礎知識

次の2点です。

①ー1:クイックは、進塁を防ぎたい時の対処方法
①ー2:対バッターも意識

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


①ー1:クイックは、進塁を防ぎたい時の対処方法

進塁される可能性のある走者、場面で、有効に活用する事です。

理由は、クイックを使う事で、キャッチャーにボールが到達する時間が早くなり、進塁に必要な時間を与える事を防げるからです。

①ー2:対バッターも意識

ランナーとバッターへの意識は五分五分

理由は、クイックの目的が進塁防止。クイックによって盗塁での進塁は防げても、ヒットを打たれれば、結果進塁されてしまうからです。


②クイックをする際のポイント

次の3点です。

②ー1:始動するタイミングを変える
②ー2:踏み込み足の使い方
②ー3:軸足の使い方

上記の通り。

1つずつ解説していきましょう。


②ー1:始動するタイミングを変える

始動するタイミングを変えて、良いスタートをさせない

理由は、0コンマ何秒の勝負でクイックをします。せっかくクイックを使っても、タイミングを図られて良いスタートをきられては水の泡になってしまうからです。

②ー2:踏み込み足の使い方

膝を上げず、体重移動も行いながら、素早く着地させる

膝をあげないようにするだけでクイックスピードは格段にアップ。それでいて体重移動もしっかりと行い球威球速も維持、最後の踏み込み足の着地も素早く。

②ー3:上半身の使い方

早く投げたいが、開かない事が大事です。

理由は、足を上げない分、タメがいつもより少なくなります。その中でも体を開かないようにする事で、タメを作る事が可能になるからです。


記事のまとめです。

①クイックの基礎知識

1:クイックは、進塁を防ぎたい時の対処方法
2:対バッターも意識

②クイックをする際のポイント

1:始動するタイミングを変える
2:踏み込み足の使い方
3:上半身の使い方

今回は以上となります。


HOW TO記事では、この瞬間から使える練習法、思考法を
多数紹介しています。

インプットしたい選手は是非、ご覧ください。

ありがとうございました。

《HOW TO記事一覧はこちら》

《HOW TO動画はこちら》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です